ピロリ菌をすっきり除去!
「ピロリ 感染」
に関連するツイート
Twitter

【特発性血小板減少性紫斑病(ITP)(1)】血小板の破壊が亢進し、その結果血小板数が減少する。 ・出血症状が無く、ピロリ菌に感染している場合にはまずピロリ菌を除菌する。 ・出血症状がある場合、またはピロリ感染が無く治療が必要な場合にはステロイドを投与する。

ピロリ菌は、大人になってからはあまり感染せず、 キスやコップの回しのみでも感染しないといわれています。 ほとんどが免疫力が弱い5歳以下の幼児期に食事、 飲み物から感染すると言われています。 antiagingbravo.co

Twitter beauhealthy 健康とアンチエイジングの話 - 43分前

リツイート 返信

《消化器》【萎縮性胃炎でのA型胃炎とB型胃炎の覚え方】 A型は自己免疫性(Autoimmune) B型はピロリ感染(Bacteria)が原因 ※日本ではB型胃炎の方が一般的。

Twitter med56_bot 医学語呂なう - 59分前

リツイート 返信

とっても良い本だと思ったので、一部概要を皆さんにも紹介。 ・胃ガンの原因は、99.5%が「ピロリ菌」に胃が感染していることが原因。そしてピロリ菌は除菌できるので除菌しよう。(高齢の人ほどピロリ菌の感染率は高い)

Twitter e62ee658bb454d3 吹田 啓介 - 2:25

リツイート 返信

そうでしょうか? 降圧のメリットは普遍的だと思いますし、その他ピロリ除菌による潰瘍再発予防とか証明されているかと、、 副作用で言えば血液製剤によるHIV感染は血液製剤にウイルスがコンタミしていたことは証明されています。 示唆段階で… twitter.com/i/web/status/7…

Twitter sagechin_MR 下地二九司(sagechinMR) - 昨日 23:44

4RT リツイート 返信

ピロリ菌は胃酸の影響を逃れるために、粘液の下にある胃壁の細胞の間に入り込んで生きている。50才以上の70%~80%の人が感染していると言われている。ただ、最近の若い世代は感染率が低くなっている。ピロリ菌は一旦住み着くと除菌しない限り無くならない。

Twitter herusian01 へるしあん - 昨日 20:04

リツイート 返信

「リスク管理の方向へいく性教育はおかしい。そんなこと言ったら、性行為は絶対的にリスク。コンドームとか甘すぎる。インフルエンザとかピロリ菌も感染るし、唾液交換はウイルス感染ハンパないからキスとか絶対しない方がいい」

Twitter yasomi0 yasomi.mori - 昨日 18:30

リツイート 返信

...この中には "糖尿病を治したければ歯周病から治せ" というアタクシ顔負けの内容や、3DS、果ては鼻呼吸、絆創膏睡眠まで登場する。目の付け所はなかなかだが... メッセージだが、"予防的感染制御がむだ死にを防ぐ" これに尽きるだろう。ピロリ感染しかり、子宮頸癌しかり、歯周病しかり。この視点は素晴らしいと思う。が...

歯医者に行こうと思った。サクッと読める割に情報に無駄がなく、濃い。 毎年胃ガンで死ぬ日本人は五万程度いるらしい。そして《胃ガンの99%がピロリ感染が原因》。 ピロリ菌の検査の結果待ちなので、なんか不思議な安心感が… 結果待ちでしかないのに… むだ死にしない技術 bookmeter.com/cmt/59237897

@takei 食中毒はともかく、ピロリ感染がヤバい

ピロリ菌をなくそう!

ピロリ菌に感染して

ピロリ菌に感染して 慢性胃炎や胃潰瘍そして胃がんが発症するのにピロリ菌が原因とも言われています。
ピロリ菌に感染しているのではないかと思われる人には、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を起こしやすい人、胃の不快感が長期間続いている人、1970年以前に生まれている人、衛生環境が良くない所に住んでいたことがある人、家族にピロリ菌の感染者がいる人と言われています。
特に胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を起こしやすいという人は感染している場合が多いと言われます。
そのような状態になっている場合には健康保険を使ってのピロリ菌の検査や治療ができます。
現在潰瘍などが無い人で検査を受けたいと思った時には原則として自費の検査となります。
菌を見つける検査には2種類があります。
内視鏡を使って検査をするのと、内視鏡を使わない方法があります。
胃カメラを飲まずにするのには、尿素呼気試験法で最も一般的で精度の高い検査法になります。
検査薬を飲んで15分〜20分後の呼気をとり調べます。
とても簡単で検査に危険もないこともあり今後は広く利用される方法になると思われます。
また、血液や尿、唾液などをとって抗体の有無を調べることや、検便によって検査する精度の高い方法もあります。

ピロリ菌にはどのような対策が必要か

ピロリ菌は、感染していても目立った症状が出てこない事が多いので、自分では気が付きにくい病気であります。
しかし、感染している事によって、胃潰瘍や胃がんなどが発症することもあるので、気をつける必要もあります。
対策としては、まず自分がピロリ菌に感染しているかを知ることが大切です。
病院で検査をし、感染している場合は、除菌をするために薬を服用します。
抗生物質なので、副作用が出る事もありますが、ほとんどの方が一時的な症状で済みます。
薬によってピロリ菌がなくなった後、一度なくなったらもう感染しないといったものではないので、その後も検査をして、感染の有無を確認することも感染しないための予防対策になります。
また、日々の生活でも、出来る対策としては、食事にあります。
緑茶に含まれているカテキンが、除菌力があると言われてきましたが、最近では、ヨーグルトも注目されています。
スーパーやコンビニでも購入可能なヨーグルトの中に、LG21という乳酸菌が含まれているものがあり、医療の研究でもピロリ菌を除菌する効果が実証されています。
感染しているか不安な場合は、医療機関で検査を受け、自分の症状をしっかり知ることと、日々の生活で食事に気を配る事が、大切になります。

ピロリ菌をもっと知ろう

ピロリ菌に関して様々な角度で検証した情報を掲載してます

ピロリ菌

ノコギリヤシサプリメント最新ランキング

ノコギリヤシ

生涯現役でいたい男性の為のアルギニン

アルギニンの比較